ツール工房有限会社
 〒444-0055
 愛知県岡崎市西魚町24番地3
 TEL/FAX 0564-28-7531
 Eメール
 http://tool-kobo.ddo.jp/

・遊びを通じてエレクトロニクスの学習ができるキットを開発中です。
ご意見・ご要望などございましたら是非お聞かせ下さい。


開発情報
ご意見・ご要望

1.絶縁タイプRS-422/485

  遠距離(1.2Km)を高速(10Mbps)で通信するためのRS-422/485インターフェースですが、
  実際に使用してみると両者のGND電位の違いやコモンモードのノイズなどの影響でうまく
  通信できないことがあります。
  そこで、アナログデバイス社のADM2587EBRWZを使用して絶縁タイプのRS-422/RS-485
  インターフェースボードを製作し、実験してみました。
  結果はおおむね良好で是非製品化したいと考えています。
 
    RS232−RS422/485(ISO)
 
    USB-RS422/485(ISO)

    左のように完全に絶縁されています。
 
 
 
2.BlueToothインターフェース
  当社ではパソコンに接続して使用するインターフェースを各種開発して参りましたが、
  パソコンから徐々にスマホやタブレットに移行する傾向が進んでいます。
  スマホやタブレットにはI/Oが少なくてWi-FiかBlueToothしか使えないようです。
  Wi-Fiは環境に依存して使い勝手が悪いのでBlueToothを使ってマイコンやセンサーを
  接続できるようなアダプターを計画しました。
 
  BlueToothもクラシカルなものからBLEへの移行が進んでいるようで
  今回は両方のプロファイルに対応したRN4678を使用してみました。

    MicrochipのRN4678使用
 
    RN4678にUSBシリアルインターフェースを付加
 
     ヘビーユーザーのために全ピン引き出し
 
 
 
3.BlueToothオーディオ
 
  最近は音楽を楽しむのにスマホを使っている方も多いのではないでしょうか。
  スマホのスピーカーではサイズの制限もあり、音量・音質には不満もあるかと思います。
  そこでオーディオのスピーカやTVのスピーカからより高音質・大音量で音楽を楽しめるように
  BlueToothオーディオの実験をしてみました。
  使用したチップはいずれもMicrochipのBM62とRN52です。
 
    BM62を使用
 
    RN52を使用
 
  音質はBM62の方がやや勝るかと思いますが、iPhoneで接続できない機種が多い。
  BM62は専用のソフトでオーディオ特性などを調整できるのも魅力ですね。
  RN52は接続に関してはAndroid,iPhoneともに良好でした。

  いずれを採用すべきか悩んでいます。
  接続について情報をお持ちの方は是非お知らせください。