MP3プレーヤ実験基板(難易度 ☆☆)
・概要
・使用方法
1.図2・図3に示すように本キットの基板に電池・ヘッドフォン・メモリカードを接続して使用します。
  (これらはキットには含まれていません、別途お求め下さい。)
  ヘッドフォンは音質を左右します、あまり安価なものはお勧めできません。
  メモリカードはMMC互換の物が使用できます、これらのカードで動作確認しました。
2.出荷時にEEPROMに書き込まれているプログラムはVLSI社から提供されている recorder1003.bin です。
  この場合のボタン操作方法は、     S1 = Next (長押しでVOL+)
                          S3 = Pause (長押しで録音開始、再押しで停止)
                          S2 = Previous (長押しでVOL−)
3.3.5mmステレオジャックのアース端子は+1.24V電位でGNDではありません、ショートさせないようにご注意下さい。
  本基板と外部のパワーアンプの電源のGNDを共通にした場合、コンデンサ結合とする必要があります。
4.電源電圧は1〜3Vです、3V以上印加しないで下さい、内部の素子が破壊されることがあります。
5.MP3のライセンスはICチップの代金に含まれていますが、WMAを再生するにはマイクロソフトとのライセンス契約が必要です。
6.通常の音楽ソフト(CDなど)には著作権が設定されています、侵害することのないようにご注意願います。
MP3−1003   完成品 ☆☆
            4,752円(税込み価格)
・ダウンロード
1.回路図
2.基板外形図・配置図
3.キット説明書

4.VLSI社ホームページ
  @VS1003Bデータシート
  AStandalone Player 及び 説明書
  BEEPROMイメージ  (各種プログラムサンプル)
    ・player1003but.bin     サウンドプレーヤ(サブフォルダ可能、WMA可能)MicroSoftとのライセンス契約が必要です。
    ・player1003nwbut.bin   サウンドプレーヤ(サブフォルダ可能、WMA不可)
    ・player1003sci.bin     SCI制御サウンドプレーヤ(WMA可能)MicroSoftとのライセンス契約が必要です。
    ・player1003nwsci.bin    SCI制御サウンドプレーヤ(WMA不可)
    ・recorder1003.bin      サウンドプレーヤ/レコーダー(サブフォルダ不可、WMA不可) ← 出荷時に書込み済みです。

  CVSRECORD.WAV (録音機能を使う場合はこのファイルをメモリカードにコピーしておく必要があります。)
                   (上記、EEPROMイメージの中にも同梱されています。))


フィンランドVLSI社のVS1003Bを使用したMP3プレーヤ実験基板です。
このチップはMP3,WMA,MIDI、ADPCM、PCM、WAVなどの多種の
ファイルを再生することができます。
 1.Standalone(単独)動作可能です。(コントローラ不要)
 2.EEPROMにプログラム書込み済みで即、再生することができます
 3.電源は1〜3Vで、バッテリー動作可能です。
   消費電力 90mW(停止時) 100〜120mW(再生時)
 4.EEPROMのプログラムを書き換えればMidiシンセサイザーなど
   様々な応用ができます。
 5.基板上にマイクを使って録音することも可能です。(サウンドレコーダ)
 6.より高度な応用も考慮して外部拡張用コネクタを設けてあります。

・参考資料

1.CQ出版社のトランジスタ技術2007.12月号(VS1003Bを使用した製作記事記事が掲載されています。)

2.VLSI社のホームページ

  本実験基板はVLSI社のStandalonePlayerとほぼ同じ構成となっています。
  下記、VLSI社のホームページが参考になります。

3.ケースへの収納
   タカチ電機製 SW−95 や HA1593ーS に収納できます。(詳細図面などもあります。)
   またスケルトンのケースに収納するのも面白いですね。(表面裏面

  (パネルのデザイン・デコレーションなどはご自由に。)
  

MP3-1003

  図1.キットの内容

図2.接続例(表)

図3.接続例(裏)