USB-RS422/485変換器 (難易度 ☆)
・概要
・使用方法
最近のノートパソコンにはRS232Cインターフェースのない物が多くなりました、仮想COMポートドライバーを
使用することで多くのRS232Cインターフェースを使ったアプリケーションをそのままUSBに移行することができます。
またUSBバスパワーを使用することで別に電源を用意しなくて済むメリットがあります。

1.ドライバーは下記のFTDI社のホームページからダウンロードしてください。
2.RS422(4線式)で使用するときは、JP8とJP9をオープンにします。(出荷時の設定)

  RS485(2線式)で使用するときは、JP8とJP9ともにショートします。
3.必要に応じて付属のターミネータをR1に半田付けして使用します。
4.FT232RLにはTX_EN信号が用意されていますので、送信のイネーブル/ディスエーブルの切り替え制御は
  自動的に行われます。 (弊社のRS232−422/485(CASE)のように、ソフトウェアで行う必要はありません)。
5.フルデュープレックス(同時に送受信)ではJP5をオープンにします。(出荷時の設定)
  また、ハーフデュープレックス(交互に送受信)ではJP5をショートします。
5.内蔵EEPROMは本機専用に設定されています、書き換えると動作しなくなることがあります。
・キットの内容
USB422P     完成品 ☆
             3,888円(税込み価格)
・ダウンロード
1.回路図
2.FT232R内蔵EEPROM設定ファイル(出荷時に書込み済みです。)
3.キット説明書

4.FTDI社ホームページ
  @製品一覧
  Aドキュメント(FT232Rデータシート、アプリケーションノートなど)
  Bドライバー
  Cユーティリティ(Mprogなど)

5.インターシル社ホームページ
  @ISL4489データシート


英国FTDI社のFT232RLとインターシルISL8491EIBZを
使用したUSB−RS422/485変換器です。
パソコンのUSBポートに直結して使用することができます。
FT232RLにはTX_EN信号が用意されていますので、送信の
イネーブル/ディスエーブルの切り替え制御は自動的に行われます。
また、下図に示すようにジャンパーの設定により、RS422とRS485の
いずれにも使用することができます。
電源はUSBから取得しますので他に用意する必要はありません。

・参考資料

1.トランジスタ技術2005.1月号(USBデバイスの特集記事が掲載されています。)
2.CQ出版社 TECHIシリーズVOL27 「USBターゲット機器開発のすべて」
3.CQ出版社 「パソコン用手作り外部インターフェース」



USB422P

端子台 ピン配置

ジャンパー設定