ARM JTAGアダプタ (難易度 ☆☆☆)
・概要
・使用方法
1.右上の写真のようにUSB2232(H)と組合せて使用します。
  (ターゲットとは付属の20PのJTAGケーブルで接続します。)
2.シリアルコンソールを使用する場合は未使用のBチャンネルを利用できます。
  必要に応じて付属品のTTLレベルシリアル通信用コネクタCN5(3P)を半田付けしてターゲットと接続します。
  (ターゲット側のコネクタは付属していません、お客様のシステムに適合する物をご準備下さい。)
3.パソコンとは5PのminiBコネクタのUSBケーブルで接続します。

  (USBケーブルはパソコンショップなどでお求め下さい。)
4.基板上面の赤色のプッシュスイッチはリセットボタンです。(nSRST)
5.このアダプタボードは組立・チェック済みですからUSB2232(H)とはCN2・CN3とで接続するだけです。
  ・ジャンパー設定  USB2232に接続する場合  @−A、B−C、D−E を接続。(出荷時)
              USB2232Hに接続する場合  A−B を接続。
6.誤接続にはご注意ください、場合によってはパソコンやターゲットなどに損傷を与えることがあります。

・キットの内容
弊社USB2232またはUSB2232H(開発中)と組合せて
使用します、このアダプタボード単体では動作しませんので
ご注意ください。
組立・チェック済みですからご購入後すぐ使用できます。
ADP007    完成品 ☆☆☆
           1728円(税込み価格)
・ダウンロード
1.回路図
2.基板外形図・配置図
3.キット説明書

4.設定ファイル
  (1)OpenOCDのインターフェースコンフィグファイル  ft2232.cfg
  (2)FT2232D用EEPROM設定ファイル         ARMJTAG.ept

5.FTDI社ホームページ
   USBドライバー
   ユーティリティー(MProg、 FT_Prog、など)


弊社のUSBデュアル変換基板USB2232やUSB2232H
(開発中)と組合せてOpenOCDデバッガーを実現するするための
アダプターボードです。
JTAGコネクタはARM標準の20PのMILコネクタです。
また、未使用のBポートをTTLシリアル通信アダプタとして使用
するために3Pのコネクタキットを付属品として添付してあります
のでシリアルコンソールとしてもご利用いただけます。

弊社のキットとフリーのソフトウェアを利用することにより、立派な
ARMマイコンのデバッグ環境を安価に構築することができます。

・参考資料
 
 1.CQ出版社 「デザインウェーブマガジン2008.6月号」
 2.翔泳社  「Eclips/ARMプロセッサによる組込み開発」
 3.実際の使用の様子はこちらのページをご覧ください。
ADP007

USB2232と組合せた状態