RS232C-TTLレベル変換基板(難易度 ☆)
・概要
・使用方法
1.D-Subコネクタケースに収納する場合は別売りのDSUB9PCASEをご利用ください。
  (基板をコネクタの根元までシッカリ入れてから半田付けしてください。)
  (ヒロセ電機製HDE-CTF(4-40)も使用できますが、ヤスリなどで基板の角2箇所を丸く削る必要があります。)
2.RTSとDTRはジャンパーでどとらかを選択して使用します。
  (RTSの場合はJP4を、DTRの場合はJP3をショートします。)
3.CTSとDSRはジャンパーでどとらかを選択して使用します。
  (CTSの場合はJP1を、DSRの場合はJP2をショートします。)
4.出荷時にはJP4・JP1をショートしています。(RTS・CTS使用)
5.電源はCN2(6Pシングルヘッダー)から供給します。(@ピンにGND、Eピンに+3〜5Vを接続します。)
  (電源の誤接続には十分ご注意ください。)

・キットの内容
RS232    完成品 ☆
          540円(税込み価格)
・ダウンロード
1.回路図
2.基板外形図・配置図
3.キット説明書



RS232CのドライバーIC ICL3232CVZを使用した
RS232C-TTL(CMOS)レベル変換基板です。
右図のようにD-Sub 9Pのコネクタに直接半田付けして
使用します。
このままパソコンのRS232Cポートに接続できます。
また右上図のようにD-Subコネクタケースに内蔵して
RS232C-TTL変換ケーブルを用意しておくと便利です。
また姉妹品のRS422と組合わせてRS232C-RS422/RS485
変換器を構成することが可能です.。
(RS232−RS422のご利用がお得です。)

RS232
・その他
   1.D−Subケースに収納し、ケーブルを接続してすぐ使用できるようにしたRS232CABシリーズを用意しています。