USB-TTLシリアル変換ケーブル(難易度 ☆)
・概要
・キットの内容
1.TTL側のコネクタは付属していません。(電線切断状態・ケーブル長さは1.5m)
  お客様の用途に合わせて適当なコネクタをを接続してください。
  USB234CAB0にはケーブルは付属しません、下記注意事項に留意して
  お客様自身でケーブルを引き出してください。

2.接続方法(各回路図を参照してください。)
   @ 黒 GND
   A 白 TXD (PCからの送信データ)   OUT
   B 赤 RXD (PCへの受信データ)     IN
   C 黄 RTS (PCから制御出力)      OUT
   D 緑 CTS (PCへ制御入力)        IN
   E   VCCIO (ケーブルは接続されていません)
         ・USB234CAB5・USB234CAB3
            JP1をショートして内部で+3.3Vが供給されています。)
            各入力端子は5Vトレラントですから、3.3〜5VのTTLロジックレベルに接続できます。
         ・USB234CAB0
            その他のロジックレベルで使用する場合は、お客様にて
            ケーブルを接続して+1.8〜3.3VをTTL側から供給してください。(*JP1オープンのこと)
            JP1をショートして+3.3V電源を外部に取り出すこともできますが
             出力可能な電流は20〜30mA程度です。

3.RXDとCTSはIC内部の75KΩでプルアップされています。
4.RTSとCTSはループバック接続されています。(USB234CAB3の場合)

5.電源の誤接続には十分ご注意ください。
  VCCIOに+3.3Vを越える電圧を印加するとICが破壊されます。
  内部JP1をショートした状態でTTL側から電圧を供給しないでください。
  また、逆接続にもご注意ください。

6.内部プリント基板の詳細はUSB234X(USB−TTLシリアル変換基板)の説明書をご覧下さい。


・TTLレベルでなく、RS232Cで使用される場合はUSBCAB232をご利用ください。



弊社USB234X(USB-TTLシリアル変換基板)をケースに収納し、
ケーブルを引き出して即使用できるようにした
USB-TTLシリアル変換ケーブルのキットです。
このままパソコンのUSBポートに接続できます。
TTLレベル側のコネクタは付属していません、お客様の用途に合わせて
適当なコネクタを接続してご使用ください。
マイコンプログラムの書込みやデバッグや、シリアルコンソールに
便利にご利用いただけると思います。
3機種用意しましたので目的に応じてお選び下さい。
 @ USB234CAB5 (5芯ケーブル)  TXD,RXD,RTS,CTS,GND
 A USB234CAB3 (3芯ケーブル)  TXD,RXD,GND
 B USB234CAB0 (ケーブル無し)

◎弊社姉妹品「USB232CAB」シリーズを小型化した物です。
◎ご好評のRS232CABシリーズのUSBバージョンとお考えください。

・使用方法

回路図5

USB234CAB5
USB−TTLシリアル変換ケーブル(5線) ☆
2,160円(税込価格)

回路図3

USB234CAB3
USB−TTLシリアル変換ケーブル(3線) ☆
1,944円(税込価格)

USB234CAB

回路図0

USB234CAB0
USB−TTLシリアル変換器(ケーブル無し) ☆
1,620円(税込価格)