USB + H8/3694F CPUボード(難易度中 ☆☆)

手ごろで使い勝手のよいRenesas H8/3694FCPUに英国FTDI社の新しいシリアル変換IC FT232RLを組み合わせて更に便利にしたUSBインタフェース付のH8tinyCPUボードです。
基板上にブートモード切替スイッチとリセットボタンを設けてありますので、USBバスパワーで電源(5V)を供給すれば直ちにプログラムを書き込んで実行することができます。
開発ツールはRenesasホームページから、またUSBドライバーはFTDI社のホームページからいずれも無償でダウンロードできます。
・概要
・応用例
最近のノートパソコンにはRS232Cインターフェースのない物が多くなりました、仮想COMポートドライバーを
使用することで多くのRS232Cインターフェースを使ったアプリケーションをそのままUSBに移行することができます。
もちろんUSB経由でプログラムの書込みが可能です。

1.簡単な自走式のロボット制御
2.PCとUSB接続したデータ収集システム
3.バッテリー駆動のマイコンシステム (USBから充電できます)
4.USBを使用したPCのリモートI/O (サンプルプログラム有ります)

(森北出版  「図解組込みマイコンの基礎」C言語でH8マイコンを使いこなす
(CQ出版社のトランジスタ技術2004.4・5月号に特集記事があります、この付録基板とピン互換性があります。)

(CQ出版社 マイコン活用シリーズ 「H8/tinyマイコン完璧マニュアル」
(CQ出版社 マイコン活用シリーズ 「ラダー図によるH8マイコン活用入門」
(CQ出版社 電子工作シリーズ [楽しいH8Tinyマイコン工作]
(CQ出版社 電子工作シリーズ [ぼくらのマイコン・ロボット工作]              などが参考になります。)
  
*H8/3694FとH8/3664Fはほとんど同じように使用できます。
・キットの内容
完成品のみの販売です。組み立てキットはありません。
H8/3694−USB  完成品 ☆☆
          3,672円(税込み価格)
・ダウンロード
1.回路図
2.基板外形図 ・ ピンアサイン図
3.キット説明書
4.FTDI社ホームページ
  @製品一覧
  Aドキュメント(FT232RLデータシート、アプリケーションノートなど)
  Bドライバー
5.Renesas社ホームページ
  @H8/3694Fマニュアル類
  AH8/300HシリーズCコンパイラ・アセンブラ・FLASH開発ツールなど
6.ツール工房ホームページ
  @リモートI/O サンプルプログラム
  Aロボット用 24CH RCサーボコントローラ